キャラ紹介(南北朝)

※PC閲覧推奨。スマホ等からだとレイアウトが崩れます。

足利尊氏
室町幕府初代将軍。一人称は俺/私。
心優しい青年で和歌が好き。後醍醐天皇を妄信しており、行き過ぎた信仰を弟や執事に窘められることも。「武家の棟梁」という重苦しい肩書を嫌っている。

 

足利直義
尊氏の弟。一人称は俺/私。
尊氏を慕っており、尊氏にとっての一番は自分だと自負している。
執事の高師直とは、どちらのほうが尊氏の事を理解しているかということでよく口論になる。